【乳酸菌LS1】の効果レビューと口コミ・体験談のまとめ

乳酸菌LS1とは?

家族や友人との会話や仕事場での打ち合わせなどで、自分や他人の口臭が気になったことはありませんか?。口臭は 現代社会におけるスメルハラスメントとも言われ、社会問題にまでなりつつあるようです。そこでオススメなのが「乳酸菌LS1」です。これは、寝る前になめるだけで口臭が気にならなくなったと、ネットや口コミでも話題の商品のようです。この「乳酸菌LS1」は、湖池屋のグループ会社が開発した乳酸菌LS1入りのタブレットだということです。乳酸菌LS1は若くて健康な人の口の中から発見された乳酸菌で、口の中には100億以上の細菌がいます。善玉菌もあれば悪玉菌もいます。善玉菌を補給し口の中を細菌レベルでキレイにするというのがこの「乳酸菌LS1」という商品のようです。口内に存在する100億以上の細菌は、細菌の数は食事をしたり、歯をみがいた後にはいったん減少するそうですが、就寝中に増殖するので寝る前に乳酸菌を補うのがいいそうです。そこで、この「乳酸菌LS1」を就寝前の摂取を習慣づければ、気になる口臭予防が出来そうです♪

乳酸菌LS1のポイントは?

乳酸菌LS1
【口内の細菌数は就寝中がピーク】
乳酸菌LS1は生きたままお口の中で留まり、寝ている間にお口の健康をサポートする善玉菌だそうです。お口の中には約100億の細菌がいると言われていますが、 細菌の数は食事をしたり、歯をみがいた後にはいったん減少し、就寝中にお口の中の細菌が増殖するということです。 そこで、寝る前に乳酸菌を補う新習慣がオススメだそうです。
【乳酸菌LS1は狭い隙間にも入っていく】
歯ブラシが届かないといころには、全身の健康に関わる細菌や独特の悪臭を放つ細菌といった細菌が多く存在していますが、乳酸菌LS1はそのすき間に入り悪い細菌を退治する役割を果たすそうです。
【虫歯にならない乳酸菌】
以前より乳酸菌はお口の中を酸性にしてしまうことから、虫歯の原因になると言われてきましたが、乳酸菌LS1はお口の中が酸性にならない乳酸菌である事が研究で分かったそうです。「乳酸菌LS1」は就寝前や歯みがきの後など、いつでも安心してお召し上がりいただけるように作られているということです。

自宅でできる口臭チェック予防法

友人との会話や仕事場での会議などで、自分の口の臭いが気になって、積極的にコミュニケ-ションがとれなかった経験がある方は多いのではないでしょうか。口臭は気になるのに自分ではなかなかその悪臭に気づかず、さらに人に聞く事が出来ないものだけに余計気になりますよね。まずは自分でできる口臭予防と共に、就寝前に「乳酸菌LS1」の摂取を習慣づければ効果倍増するはずです!
【自分でできる口臭チェック法】
■舌が白くなっているか確認する
■使用後のデンタルフロスの臭いをチェック
■家庭用口臭測定器を用いて、客観的な検査を試みる

【口臭予防】
乳酸菌LS1
◆16時間前から臭いのキツイ
食事は避ける◆

ニンニクやニラに含まれる
悪臭成分は胃で消化された後
血液によって体内をめぐった後
汗として排出され体臭となり
肺を通じて息として排出されると
口臭となります。
完全に臭いが消えるまでには
16時間かかると言われています。

◆水で体の中から浄化する◆

血液中に溶け込んだ悪臭成分は
水分と一緒に排出できるそうです。
水分を十分に摂って頻繁に排尿し
全身の水分と入れ替えましょう。
お風呂でじっくり汗を
だすこともいい方法です。
乳酸菌LS1

◆ガムで唾液を出して口臭を防ぐ◆

唾液の分泌量が少ないと
細菌が増殖して口の中が不潔になり
口臭が発生します。
ガムを噛むことによって
唾液腺が刺激され
唾液が分泌されるようになり
口臭が抑えられます。

【日々の生活での口臭予防】
乳酸菌LS1

◆舌も忘れず掃除する◆

口臭の原因である揮発性硫黄化合物は
特に舌の上で最も多く作られます。
これは舌の表面に食べカス
古くなった細胞などが
付着した白い苔のような汚れである
「舌苔」を細菌が分解して
悪臭を作り出すためです。
1日1回、舌ブラシを用いて
舌の清掃を行いましょう。

乳酸菌LS1
◆デンタルフロスや歯間ブラシ
などを用いて歯の間を掃除する◆

歯と歯の間には口臭を生み出す
細菌が潜んでいますが
歯と歯の間の細菌は歯ブラシ
だけでは除去できません。
必ず毎日歯磨き後に
フロスや歯間ブラシを
使用しましょう。

◆唾液がよく出るような食事をする◆

軟らかいものばかり食べていると
よく噛むことをしなくなるので
口の周りの筋力が衰え唾液の
分泌が減少する原因になります。
噛みごたえのある食べ物は
一口30回を目安に
よく噛んで食べましょう。

writerVOICE
-乳酸菌LS1-

私たちの体にはなんと500兆個以上、重さにして2kgもの細菌が棲んでいるそうです。菌の中には、乳酸菌や納豆菌などのように人の体に良い働きをする菌である善玉菌や虫歯菌、ピロリ菌、歯周病菌、食中毒菌などの病気を引き起こそうとする悪玉菌など多くの菌があるということです。そして、人間のだ液の中で見つかった乳酸菌の乳酸菌LS1は、歯周病菌や虫歯菌を抑えるという性質があることが分かったそうで、乳酸菌LS1を歯周病菌と一緒にすると、24時間で歯周病菌を殺してしまうということです。口の中は腸の中と同じでたくさんの細菌が住んでいます。その中の悪玉菌を乳酸菌LS1を入れて排除すれば口の中も健康になり、歯周病や虫歯を予防できると考えられているそうです。そこでオススメなのが「乳酸菌LS1」なんです。この商品は、ポテトチップスでお馴染の湖池屋のグループ会社フレンテが開発した、ニオイの元である口腔内細菌にアプローチして口臭を予防するタブレットだそうです。乳酸菌LS1が乳酸菌の力で口臭の原因になる食事臭・内臓臭・生理的口臭をトータルケア、寝る前に1~3粒なめると翌朝目ざめの時の快適感が違うということです。この「乳酸菌LS1」で、お口の中の善玉菌を補給して健康管理に役立ててみてはいかがでしょうか?

乳酸菌LS1
「乳酸菌LS1」
【限定特別価格】980円(税込)で購入出来ます!!
■通常価格3,760円(税込)ですが定期コースお申込で、初回購入に限り、74%OFFのキャンペーン中!
■音波振動歯ブラシ「MINIMO」プレゼント!
■2回目以降は20%OFFの2,980円(税込)でお届け!
■500名様限定(10/31まで)!
■しかも今なら送料無料!
歯磨き後の新習慣で口内環境改善!

「乳酸菌LS1」ネットでの口コミ

40代 女性
1日3回、毎食の歯磨き後に舐めるということですが、歯磨きは夜寝る前に1回しかしないので、その時舐めてます。あとは時々、思いついたときに舐めています。確かに、寝る前に舐めると、朝起きたときに口の中がねばつく感じがかなり軽減されます。ニンニクなどをとった場合、以前は歯を磨いて寝ても、朝起きたときに臭いが残る感じがしていたのですが、それもかなり軽減されます。確かに効果はあると思います。
30代 女性
口腔のねばねば感改善を求めて、乳酸菌を試してみました。最初はいいかもって思ったけど、やっぱり効果はなし、なのかなあ。効いたらリピートしたんだけど。予防のためならいいんじゃないでしょうか。
30代 女性
飲み始めてから2週間になります。 タブレットの大きさは口の中で舐めるにはちょうどいいサイズです。 朝昼食後と寝る前に食べてますが、食後はすっきりさわやかな感じが長続きして朝はネバネバが少し改善されたような気がします。 また舌に付いてる舌苔が薄くなりましたが、これについてはタブレットをなめてますので舌とこすれて舌苔が落ちているからだと思います。
40代 女性
使い続けてます。10代から歯槽膿漏で歯医者と縁が切れず、10数年前に特効薬で何とか治りましたがもともと 歯茎が弱いのかまたよく痛むようになり歯医者通いが始まったんですが、これを使用しだして歯茎の状態がよくなり 過労から腫れたり痛んだりしたらまとめて3粒寝る前になめると朝には治まってます。おかげで歯医者に行かなくて済むようになりました。ドブのような口臭もしなくなったみたいです。
30代 女性
一月使用して、口のねばつき、口臭に効果ありました。乳酸菌は胃の中をきれいにし善玉菌を増やす、健康に良いと昔から言われていますが、習慣化しないとわからず、すぐに目に見えるものでは無いです。お通じに、効果があるのかな・・くらいでした。 これは乳酸菌の力が口腔の中で、時間もかからず、手軽に改善が実感できる商品です。
20代 女性
まったく実感がないです。効果をかんじられないのです。でも、無くなるまで続けてみようと思います。
40代 女性
味は良いと思います。以前海外の同様の商品を試しましたがミントが強すぎ半分以上捨てた経験があった分、これは美味しく食べられます。口臭緩和のために購入しました。口のネバネバは少なくなった気がしましたが、臭いに関してはさほどの効果は得られませんでした。原因が他にあるのかもしれません。

「乳酸菌LS1」ネットでのQ&A

Q・乳酸菌LS1をたくさん摂ったら、お口の中が酸性になりませんか?
A・乳酸菌は糖分を分解して乳酸を作る菌ということです。乳酸菌LS1も乳酸を作りますが、ある程度の濃度以上の乳酸があると自らが死滅する性質を持っているそうです。したがって、限りなく乳酸を産生して口腔内をむし歯になりやすい酸性の状態にすることはないということです。臨床試験でも、お口の中の唾液のpHが酸性やアルカリ性に傾いていた人が、乳酸菌LS1を摂ると中性にもどると報告されているそうです。
Q・乳酸菌LS1って、ヨーグルトの乳酸菌とはどう違うの?
A・乳酸菌LS1はお口の中の歯周病菌を減らして細菌のバランスを整えてくれるお口中で働く乳酸菌だそうです。一方、ヨーグルトに含まれているいろいろな乳酸菌はそのほとんどが腸内で働くものですので、ヨーグルトをたくさん食べても、乳酸菌LS1のようにお口の中での良い作用は期待できないということです。それぞれ働く場所が違うそうです。
Q・乳酸菌LS1はずっと摂らなければならないのでしょうか?
A・乳酸菌LS1は歯周病由来の口臭を抑える働きがあるそうです。ただし、一度お口の中に数が増えても、しばらく乳酸菌LS1を補給しないと元の状態にもどるようです。したがって、歯周病の治療とともに、ハグキの状態が良くなるまではなるべく乳酸菌LS1を継続してお使いいただくと効果的ということです。

乳酸菌LS1
「乳酸菌LS1」
【限定特別価格】980円(税込)で購入出来ます!!
■通常価格3,760円(税込)ですが定期コースお申込で、初回購入に限り、74%OFFのキャンペーン中!
■音波振動歯ブラシ「MINIMO」プレゼント!
■2回目以降は20%OFFの2,980円(税込)でお届け!
■500名様限定(10/31まで)!
■しかも今なら送料無料!
歯磨き後の新習慣で口内環境改善!

PAGE TOP